NBA News Consider

考察系NBAブログ

【ニュース】デマーカス・カズンズ、脅迫容疑でNBAとレイカーズが調査

NBAと所属チームのロサンゼルス・レイカーズが、今オフに獲得したデマーカス・カズンズの脅迫容疑を調査している。カズンズは8月24日に結婚式を挙げたが、前日に元ガールフレンドのクリスティ・ウエストを脅迫した疑いが持たれている。

カズンズと彼女の間には7歳の息子がおり、カズンズは息子の出席を望んでいたようだが、それをウエストに拒否され、銃殺する趣旨の脅迫を行ったとのこと。
脅迫の音声データが流出し、ウェストがカズンズに対して抑制命令を要求したことで、その真偽をNBAとレイカーズが調査しているという流れだ。ウェストは、カズンズのDVが以前からあった旨をほのめかしており、その点も今後の焦点となるとみられる。
レイカーズは、「今回の告発を真摯に受け止めている。」とコメントし、場合によっては厳しい裁定が下される可能性もある。

カズンズはCながら、ボールハンドリングがよく、外からのシュートも打てるオールスターにも4度選ばれているハイブリッド型ビッグマン。
ウォリアーズでは自身の価値を示すことができなかったが、今オフにゴールデンステイト・ウォリアーズからレイカーズに移籍し、再起をはかっていたが8月に左膝前十字靭帯を断裂し、2019−20シーズンは絶望とみられている。レイカーズでの心機一転をはかった直後のスキャンダルは、チームの関係者だけでなく、多くのファンに不安を与えることになるだろう。

レイカーズはカズンズの離脱を受け、元オールスター選手のドワイト・ハワードを保証なしの1年契約を結んだばかり。
場合によっては、レイカーズで1試合も行うことなくカズンズが退団(もしくはリーグから追放)する可能性もある。脅迫容疑・DV疑惑は許されるものではなく、現在の最高峰センターの1人がこのような形でチームやリーグを去ることになれば、NBAをはじめとする米国プロスポーツ業界全体に大きな波紋を起こす可能性もある。


DeMarcus Cousins 2018 All-Star Starter | Best Highlights 2017-2018