NBA News Consider

考察系NBAブログ

【ニュース】ウィルソン・チャンドラー、薬物違反で25試合の出場停止

ブルックリン・ネッツと契約したウィルソン・チャンドラーが、成長ホルモン促進剤の使用による25試合の出場停止をNBAが発表した。チャンドラーの出場停止は、選手登録された試合カウントされるとのこと。

チャンドラーは昨年、フィラデルフィア・セブンティシクサーズとロサンゼルス・クリッパーズに所属し、平均23.1分の出場で6.0点、1.6アシスト、4.2リバウンドを挙げている。

ネッツは今オフにスター選手のカイリー・アービングとケビン・デュラント、ディアンドレ・ジョーダンらと契約した。デュラントは右アキレスけん断裂により2019-20シーズンは全休とみられており、3&Dとしての活躍が期待されるトーリアン・プリンスや、3ポイントシューターとして昨年首位となったジョー・ハリスの控えとして攻守で期待されていた。

ネッツのSG、SF、PFは地味ながら堅実な活躍が見込める選手が揃っている。その一角となくチャンドラーがシーズンの約1/3に出場できないこととなり、少なからず控えのローテーションの調整が必要になりそうだ。


Wilson Chandler's Top 10 Career Highlights