NBA News Consider

考察系NBAブログ

【ニュース】ショーン・リビングストンが引退を発表

2004年にドラフト1巡目4位でロサンゼルス・クリッパーズから指名され、ゴールデンステイト・ウォリアーズでは5度のファイナル進出と3度の優勝に貢献したショーン・リビングストンが、自身のInstagramで引退を表明した。
NBAでのキャリア成績は平均20.6分の出場で、6.3点、2.4リバウンド、3.0アシストを記録している。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Shaun Livingstonさん(@sdot1414)がシェアした投稿 -

 

リビングストンは、2004年にドラフト4位でロサンゼルス・クリッパーズに指名された。201cmの高身長とは思えないスピードとコートビジョン、パスセンスを持っており、高校時代には「マジック・ジョンソンの再来」と呼ばれていた。
しかし、才能の断片を見せだした2006−07シーズンに、左膝の前十字靭帯・後十字靭帯・内側副靭帯の断裂という選手生命を終わらせかねない大怪我をすることになる。この手の怪我から復帰した選手は限られており、多くの次世代スター選手が同様の怪我により、キャリアを大きく狂わされている。
リビングストンはNBAに復帰するも、「マジック・ジョンソンの再来」と呼ばれた頃の評価とは裏腹に、15年のキャリアで実に10チームを渡り歩くことになった。

しかし、彼は諦めなかった。
彼の持ち味はコートビジョンとパスセンスだったこともプラスに働き、2014年にゴールデンステイト・ウォリアーズに加入してからは、控えPGとして5年連続ファイナル進出で3度の優勝という黄金期ウォリアーズになくてなならないプレーヤーとなったのである。
彼のコートビジョンはトランジションオフェンスを強みとするウォリアーズにフィットしており、テンポを変えるドライブからのダンクや長いウィングスパンを活かしたミドルシュートなどでチームに貢献した。


Shaun Livingston's Top Plays