NBA News Consider

考察系NBAブログ

【契約情報】マジック、マーケル・フルツら3選手の契約オプションを行使

オーランド・マジックが、昨年フィラデルフィア・セブンティシクサーズから獲得したマーケル・フルツの4年目のチームオプションを行使したと「Real GM」が報じた。他にもモハメド・バンバ、ジョナサン・アイザックのチームオプションも行使したようだ。

フルツは、2017年ドラフト全体1位でシクサーズから指名されたが怪我が多く、2年間で33試合の出場とドラフト1位の潜在能力は発揮できている状態ではない。また、昨年12月には胸郭出口症候群と診断され、復帰時期は不明なままだ。また、ジャンプシュートやフリースローのフォームの乱れが顕著で、FT成功率は64.9%とバックコート選手としては非常に低い数字を残している。
こうした状況のフルツに、1,230万$という高額オプションを結んだマジックの決断には疑問の声も少なくないだろう。

ただ、昨年はシクサーズで才能の断片を見せた。
マジックの先発PGであるDJ・オーガスティンは今季が契約最終年であり、31歳という年齢を考えると高額契約はリスクが伴う。控えのマイケル・カーター・ウィリアムズは2014年の新人王だが波が激しく、ルーキーイヤー以来目立った活躍ができているとは言い難い。ディフェンス面ではPG〜SFまでをカバーできるが、オフェンス面ではほぼ期待できない状態だ。また、PGが最大の弱点と言われる中、今ドラフトでマジックはPFのチュマ・オキキを指名した。
今季はオーガスティンに任せるとしても、こうした状況の中でフルツに高額オプションを行使したということは、来年以降のフルツにかなり大きな期待をしていることが伺いしれる。

2年目のバンバは、不動の先発センターであるニコラ・ヴュチェビッチの控えとしての活躍が期待される。213cm/102kg/239cmのウイングスパンを持ちながら、機動力もある逸材だ。フルツ同様、怪我がちな点が懸念点だがドラフト6位指名の潜在能力を開花させることができれば、非常に大きな武器となる。
また、3年目のアイザックは5つのポジション全てを守ることができ、オフェンス面での成長も見られる成長途中の選手だ。

フルツ、バンバ、アイザックと若手に投資したマジックだが、そのリスクも低くない。
しかし、昨年躍進を遂げたチームはさらなる飛躍のピースとして彼らに期待していることは間違いないだろう。


Markelle Fultz Full Highlights 2018.10.29 76ers vs Hawks - 16 Pts, 7 Asts! | FreeDawkins