NBA News Consider

考察系NBAブログ

【ニュース】アイザイア・トーマス、左親指の手術で6〜8週間欠場へ

2度のオールスターゲーム出場を誇るワシントン・ウィザーズのアイザイア・トーマスが、左親指の外側側副靭帯の手術を受けるため、6〜8週間の欠場予定と「The Athletic」が報じた。
レギュラーシーズン開幕には間に合わない見込みだ。

トーマスは、2011年にドラフト60位(最下位)で、サクラメント・キングスに指名された小柄のスコアリングPG。その後、フェニックス・サンズを経て名門ボストン・セルティクスに所属した。セルティクスの最終年である2016-17シーズンには、シーズン平均28.9点、5.9アシストを記録し、オールスターにも2度選ばれている。
公称175cmとNBA選手としてはかなり小柄ながら、抜群のボディバランスとボール感覚、シュート力を武器に得点を重ねる現代NBAを代表する1人だ。

2017年にカイリー・アービングとのトレードで、当時優勝候補の一角だったクリーブランド・キャバリアーズに所属するが、その後のシーズン途中にトレードされたロサンゼルス・レイカーズも含めて怪我で本領を発揮できず、昨年はデンバー・ナゲッツに所属していた。

昨年はナゲッツに所属したが、同ポジションには得点力の高いジャマール・マレー、モンテ・モリスが所属しており出場機会は限られていた。しかし、ベテランらしくベンチからチームをまとめる役割を不平を言うことなく担い、躍進したチームを陰から支えた。

今オフにジョン・ウォールを欠き、再建に入ったワシントン・ウィザーズと契約していた。
トーマスの序盤離脱により、シーズン当初はベテランPGのイシュ・スミスが起用される場面が増えそうだ。

現時点では11月には復帰の見込みで、かつての輝きとリーダーシップをウィザーズで発揮してもらいたいものだ。日本のファンには八村塁とのプレーも楽しみだ。


Isaiah Thomas Will Return Tonight! BEST Offense Highlights from 2015-2018 NBA Seasons!