NBA News Consider

考察系NBAブログ

【契約情報】ウォリアーズ、マーキース・クリスと1年契約

NBAファイナルに5年連続で進出し、そのうち3度の優勝を達成したNBA屈指の強豪であるゴールデンステイト・ウォリアーズが、PFのマーキース・クリスと1年契約で合意したと「Yahoo! Sports」が報じた。

クリスは2016年にドラフト8位で指名され、フェニックス・サンズで中心選手の1人として活躍した。1年目の成績は82試合に平均21.3分の出場で、平均9.2点、4.2リバウンド、0.7アシスト、0.9ブロックと安定した活躍で、オールルーキー2ndチームにも選出されている。
昨年はヒューストン・ロケッツに所属していたが、プレー時間を確保できずに、キャリア最低のスタッツで苦しんだ。

ウォリアーズは過去5年の強さはないと予想されている。
エースのステフィン・カリー、チームの要であるドレイモンド・グリーンは健在だが、もう1人のエースであるクレイ・トンプソンは怪我で離脱しており、リーグを代表する選手の1人であるケビン・デュラントと、潤滑油として攻守で安定した活躍をしたアンドレ・イグダーラはチームを去った。

昨年ブレイクを果たしたディアンジェロ・ラッセルをデュラントとのトレードで獲得、ウィリー・コーリー・スタイン、アレック・バークス、グレン・ロビンソン三世といったチームのスタイルにフィットする人員を加えている。
今季のウォリアーズを優勝候補と推すファンは少ないが、これまでと変わらずウォリアーズが強豪チームであることは変わりないだろう。
クリスはその一員として活躍し、昨年ロケッツでの評価を覆したいところだ。