NBA News Consider

考察系NBAブログ

【2019-20チームレビュー】アトランタ・ホークス

2018-19シーズン成績 :29勝53敗(イースタン12位/攻撃:12位 守備:30位/得失点差:-6.1)
2018-19プレーオフ成績:-

加入

アレン・クラブ(ネッツ)
エバン・ターナー(ブレイザーズ)
チャンドラー・パーソンズ(グリズリーズ)
ジャバリ・パーカー(ウィザーズ)
デイミアン・ジョーンズ(ウィザーズ)
ディアンドレ・ハンター(ドラフト4位)
キャム・レディッシュ(ドラフト10位)
ブルーノ・フェルナンド(ドラフト34位)

退団

トーリアン・プリンス ケント・ベイズモア
オマリ・スペルマン
ドゥエイン・デッドモン
ディオンテイ・デイビス
マイルズ・プラムリー
ジェイレン・アダムズ

予想ロスター

 

PG

SG

SF

PF

C

1st(先発)

トレイ・
ヤング

アレン・
クラブ

ディアンドレ・
ハンター

ジョン・
コリンズ

アレックス・
レン

2nd

 

キャム・
レディッシュ

エバン・
ターナー

ジャバリ・
パーカー

デイミアン・
ジョーンズ

3rd

 

ケビン・
ハーター

チャンドラ・
パーソンズ

ブルーノ・
フェルナンド

 

4th

 

ディアンドレ・
ベンブリー

ヴィンス・
カーター

レイ・
スポルディング

 

HC

ロイド・ピアース(2年目)

2019−20シーズンの展望


Best of the Atlanta Hawks | 2018-19 NBA Season

29勝53敗とイースタン12位に終わった昨シーズン。
チームが下位に沈んでいる状態にもかかわらず、アトランタ・ホークスは「ネクスト・ウォリアーズ」と呼ばれている。その核になっているのは、昨年ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチと新人王争いを繰り広げたトレイ・ヤングの存在だ。ヤングは1巡目5位でドラフトされ、1試合平均19.1点、8.1アシストを挙げている。アシストについてはリーグ4位の成績で、殿堂入りPGのスティーブ・ナッシュを思い起こさせる。特にオールスターゲーム後は平均24.3点、9.4アシストとオールスター選手級のスタッツを残している。1試合49点という新人離れした爆発力を持っており、ホークスのフランチャイズプレーヤーになるだろう。

また、ヤングとタッグを組んだのはPFのジョン・コリンズだ。
コリンズは2017年にドラフト19位で指名された。高いアスレチック能力と3P成功率34.8%の長距離砲を武器に平均19.5点、9.8リバウンド、2.0アシストと、こちらもオールスター級の数字を残している。大学時代は3Pを打っていなかったことを考えると、彼のストレッチ4としての成長は飛躍的だ。
このヤングとコリンズの内外のワンツーパンチを止めるのは簡単ではない。

さらに、今オフにはドラフトでディフェンスに定評があるバージニア大学のディンドレ・ハンターと、デューク大学でザイオン・ウィリアムソンとRJ・バレットとプレーしたキャム・レディッシュを指名した。ハンターは身体能力こそないが、大学No.1ディフェンダーとして名を馳せた守備力で、昨年リーグ最下位に沈んだディフェンスの立て直しを任せられるだろう。
レディッシュは潜在能力を評価されているものの、デューク大でもそこまで目立った活躍はなかったこともあり、じっくり育てるフェーズになると思われる。幸いなことにレディッシュのポジションには3P成功率38.5%を誇るケビン・ハーターに加え、エバン・ターナー、チャンドラ・パーソンズ、そしてビンス・カーターとベテラン勢が揃う。昨年ブレイザーズで上手くシステムに溶け込めなかったターナーに若干の不安はあるが、大ベテランのカーターがチームに落ち着きを持たせ、若手の成長に大きな影響を与えてくれるだろう。
先発SGに予想されるのは、ブルックリン・ネッツから獲得したアレン・クラブだ。昨年のサプライズチームになったネッツでは平均9.6点、3.4アシストを記録しており、そのシュート力が期待される。仮にクラブがフィットしなかった場合でも、レディッシュや経験豊富なベテラン勢が豊富に在籍していることから、総崩れにはならないだろう。

ただし、昨年リーグ最下位に沈んだディフェンスの再構築は、プレーオフ進出には最重要課題となる。
Cにはアレックス・レンと、ウォリアーズから獲得したデイミアン・ジョーンズが控える。しかし、レンは機動力こそあるものの決してディフェンス面で期待できるタイプではない。それを補う意味でもジョーンズを獲得したと思われるが、ディフェンス改善には奮起が必要だ。

PFには元ドラフト2位指名選手のジャバリ・パーカーを加えた。
パーカーは健康体であれば平均20点は狙える選手であり、コリンズが出ていない時間のインサイドの核としては最適な人材だろう。しかし、ディフェンス面に秀でているわけではないため、この点もリーグの上位ビッグマンとの対戦では不安が残る。ディフェンス面では、4つポジションを守ることができるルーキーのハンターに負荷がかかることになるだろう。
また、ガード陣にも信頼できるディフェンダーがいないことは、上位チームとの点取り合戦になった際の安定感に不安が残る。

ホークスはリーグ下位の成績にありながら、非常に楽しみなチームになったことは間違いない。
若手選手とベテラン勢が融合した面白いチーム編成ではあるが、昨年リーグ最下位に沈んだディフェンスの抜本的な改善は今季も難しいだろう。ハンターや、ウォリアーズから獲得したジョーンズがディフェンス意識をチームに植え付けることができたならば、プレーオフ進出も夢ではない。

ここ数年、王朝を築いているウォリアーズが得意とするトランジション・オフェンス(速攻)を支えているのは、攻撃の起点となるディフェンスだ。ディフェンス・リバウンドやスティールから、「相手が体制を立て直す前に攻め切る」というのがウォリアーズの強さだった。一昨年までよりも安定感に欠けたのは、ディフェンスが弱体化したからだろう。この点は、ホークスがプレーオフ進出を見据えるのであれば看破できない課題だ。

もう1つの懸念点は、ヤングの控えがいないということだ。
ホークスの核はヤングであり、彼が怪我をした場合のバックアップはない。この点については、今後の状況次第では頭数の多いウイング(SG/SF)の選手とのトレードを画策する可能性は低くないと思う。
ターナー、パーソンズ、クラブは契約最終年だ。フィットしなかった場合には来年オフに大物FAの獲得に動けるし、状況によっってはシーズン中のトレードもありえる・サラリーキャップを空けたいチームにとっては悪い話ではないだろう。

何れにしても、ホークスは若手とベテランが融合する楽しみなチームとなった。
彼らがプレーオフに進めるかは若手のさらなる成長と、ディフェンスの向上にかかっていると言っても過言ではないだろう。