NBA News Consider

考察系NBAブログ

【2019-20チームレビュー】ボストン・セルティックス

2018-19シーズン成績 :49勝33敗(イースタン4位/攻撃:14位 守備:8位/得失点差:+4.4)
2018-19プレーオフ成績:カンファレンス・セミファイナル敗退

加入

ケンバ・ウォーカー(ホーネッツ)
エネス・カンター(ブレイザーズ)
> ロメオ・ラングフォード(ドラフト14位)
グラント・ウィリアムズ(ドラフト22位)
カーセン・エドワーズ(ドラフト33位)
トレント・ウォーターズ(ドラフト51位)
ヴィンセント・ポワティエ(ドラフト外)
タコ・フォール(ドラフト外)

退団

カイリー・アービング
テリー・ロジアー
マーカス・モリス
アル・ホーフォード
アーロン・ベインズ
PJ・ロジャー
RJ・ハンター
ガーション・ヤブセレ

予想ロスター

 

PG

SG

SF

PF

C

1st(先発)

ケンバ・
ウォーカー

ジェイレン・
ブラウン

ジェイソン・
テイタム

ゴードン・
ヘイワード

エネス・
カンター

2nd

カーセン・
エドワーズ

マーカス・
スマート

シェミ・
オジェレイ

ダニエル・
タイス

ロバート・
ウィリアムズⅢ

3rd

ブラッド・
ワナメイカー

ロメオ・
ラングフォード

ジェボンテ・
グリーン

グラント・
ウィリアムズ

ヴィンセント・
ポワティエ

4th

 

 

 

 

タコ・
フォール

HC

ブラッド・スティーブンス(7年目)

2019-20シーズンの展望


Best of the Boston Celtics | 2018-19 NBA Season

エースのカイリー・アービングが去り、代わりにシャーロット・ホーネッツからケンバ・ウォーカーの獲得に成功した。
ケンバはカイリーと同じくスコアリングに秀でたPGで、昨年も一部のエリートプレーヤーしか実現できない1試合60点試合を行っている。
現時点でのスコアリングや勝負強さでは、強豪に属していたカイリーのほうが評価が高いが、スモールマーケットのシャーロットから人気都市のボストンに移籍したことで、今季はケンバの真価が問われるシーズンになるだろう。

カイリーからケンバへの交代は、セルティクスにとってプラスに働く可能性がある。
昨年カイリーはプレー面では質の高いパフォーマンスを披露したが、一昨年に若手エースとして開眼したジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウンと噛み合わず、公然と彼らを批判したことが話題になったことも記憶に新しい。カイリーのバスケットボールプレーヤーとしての能力には疑いようがないが、この一件からチームリーダーの資質には疑問を持たれる要因となっている。
ケンバは人間性への対する評価も高く、拗れたチームをまとめられるだけの資質がある。セルティクスの主力メンバーである4人(ケンバ、テイタム、ブラウン、マーカス・スマート)が、シーズン前にFIBAワールドカップでコミュニケーションを図れたことの意義は見た目以上に大きいだろう。

カイリーの穴はケンバの獲得で埋めることに成功したが、昨年リーグ8位の成績を収めたディフェンス面での課題は残っている。

攻守で堅実な働きをするアル・ホーフォードとマーカス・モリスの退団は大きな痛手だ。その影響もあり、テイタムかゴードン・ヘイワードが先発PFに入ることになると思われるが、リバウンドやインサイドディフェンスでのミスマッチが予想される。また、控えも 実績に乏しい若手が多く、充実している布陣とは言い難い。現状の布陣では、怪我の影響が残るヘイワードがディフェンス面でも貢献しないと、ホーフォード、モリスの穴を埋めるには至らないだろう。

センターにはホーフォードの後釜としてエネス・カンターを獲得したが、カンターはオフェンスに秀でたタイプのセンターで、ディフェンス面では未知数だ。ただし、成長中のロバート・ウィリアムズ3世、FIBAワールドカップで躍動したヴィンセント・ポワティエと、ディフェンス面でも期待できる若手が充実している。彼らの成長がインサイド・ディフェンスの鍵となるだろう。

また、控えPGとしてチームを牽引してきたテリー・ロジアーの退団も懸念事項だ。
ケンバの控えにはルーキーのカーセン・エドワーズ、ブラッド・ワナメイカーを据えるが、攻守で安定した活躍をしたロジアーには見劣りする。
ただ、エドワーズはドラフト2巡目指名ながら、サマーリーグで平均19.4点を獲得しており、オフェンス面で化ける可能性は十分ある。名将ブラッド・スティーブンスの構築するディフェンスシステムにハマれば、今ドラフトの掘り出し物になるだろう。

昨年から単純な戦力はダウンしたが、カイリーとヘイワードが怪我の影響で出場できなかった一昨年を考えると、若手が奮起して上位進出する可能性は十分にある。ケンバ獲得は、チームケミストリーの面でもプラスに働く可能性がある。

セルティクスは若手スターのテイタムを中心に、ケンバとテイタムのワンツーパンチが主軸だ。その一方でセルティクスの強みはディフェンス力にあり、特にインサイドの主力が抜けた穴を、スティーブンスHCがどのように埋めるかがポイントになるだろう。