NBA News Consider

考察系NBAブログ

【2019-20チームレビュー】ゴールデンステイト・ウォリアーズ

2018-19シーズン成績 :57勝25敗(ウエスタン1位/攻撃:2位 守備:16位/得失点差:+6.5)
2018-19プレーオフ成績:NBAファイナル敗退

加入

ディアンジェロ・ラッセル(ネッツ)
ウィリー・コーリー・スタイン(キングス)
アレック・バークス(キングス)
グレン・ロビンソン三世(ピストンズ)
オマリ・スペルマン(ホークス)
マーキーズ・クリス(ブルズ)
ジョーダン・プール(ドラフト28位)
アレン・スマイラギッチ(ドラフト39位)
エリック・パスカル(ドラフト41位)
アンドリュー・ハリソン(FA)
ファン・タスカノ・アンダーソン(FA)
デビン・マーブル(FA)
カイ・ボウマン(FA、2Way)

退団

ケビン・デュラント
アンドレ・イグダーラ
デマーカス・カズンズ
アンドリュー・ボーガット
ケビン・クック
デイミアン・ジョーンズ
ジョーダン・ベル
マーカス・デリックソン
ジョナス・ジェレブコ
ショーン・リビングストン

予想ロスター

  PG SG SF PF C
1st(先発) ステフィン・
カリー
ディアンジェロ・
ラッセル
アルフォンゾ・
マッキニー
ドレイモンド・
グリーン
ケボン・
ルーニー
2nd   アレック・
バークス
グレン・
ロビンソン三世
オマリ・
スペルマン
ウィリー・
コーリー・スタイン
3rd   ジェイコブ・
エバンス
  エリック・
パスカル
アレン・
スマイラギッチ
4th   ジョーダン・
プール
    マーキーズ・
クリス
5th   クレイ・
トンプソン*
     
HC スティーブ・カー(6年目)

2019-20シーズンの展望

昨年のシーズン開幕前は優勝候補筆頭と目されいたゴールデンステイト・ウォリアーズだったが、5年に渡り王朝を築いたチームは満身創痍だった。苦しみながらもプレーオフを勝ち抜き、NBAファイナルに辿り着いたものの、チームのコアであるクレイ・トンプソン、ケビン・デュラント、デマーカス・カズンズを怪我で欠いたチームは、トロント・ラプターズに敗れた。怪我で欠場を余儀なくされた3人のスターだけではない。チームの顔であるステフィン・カリー、チーム1のディフェンダーであり汚れ仕事も惜しまないドレイモンド・グリーンも小さな怪我を抱え、まさにチームは満身創痍だった。
5年連続でファイナルに進出し、うち3回の優勝を果たし、 2015-16シーズンにはリーグ歴代最高の73勝を挙げたチームは、明らかに転換期に差し掛かっていた。

今オフに2014年のシーズンMVPで、4度の得点王に輝いたデュラントがブルックリン・ネッツと契約。優勝のためにウォリアーズに加入したカズンズも、ロサンゼルス・レイカーズと契約を結んだ。さらには、黄金期のオリジナルメンバーであり、ファイナルMVPを獲得したこともあるアンドレ・イグダーラをメンフィス・グリズリーズに放出した。
さらに、ベンチメンバーとして安定感のある仕事を常に続けていたショーン・リビングストンは引退を決意した。
カリーとトンプソンの生え抜きの2枚看板は健在ではあるが、プチ再建期に入ったといって良いだろう。

デュラントの代わりにネッツから獲得したのは、昨年ブレイクしたディアンジェロ・ラッセルだ。
ラッセルは2015年にドラフト2位ピックされたことからも分かるように、リーグ入り当初から期待値は高かった。しかし、レイカーズでは試合内外で未熟な部分がフォーカスされていた逸材だ。1年目は怪我で不完全燃焼なシーズンになったが、昨年は平均21.1点、3.9リバウンド、7.0アシストを残し、初のオールスターにも選出された。勝負強さも兼ね備えており、若手主体のネッツに移籍したことで才能が一気に開花した形だ。

ウォリアーズはSGのトンプソンが左膝前十字靭帯の断裂で長期離脱中のため、トンプソンの復帰までは先発SGをラッセルが務めるだろう。チームにフィットするようであればトンプソン復帰後も、ラッセルをSGにしてトンプソンを層が薄いSFで起用するパターンも考えられる。カリー、ラッセル、トンプソンの新「スプラッシュ・ブラザーズ」が機能すれば、バックコートの得点力はそれだけで脅威だ。

SGは得点力に優れたアレック・バークス、バランス型のジェイコブ・エバンス、ルーキーのジョーダン・プールと揃っているが、安定感という面では不安が残る。攻守でバランスが取れているエバンスか、ミシガン大でインサイド/アウトサイドの双方で得点が獲れることを証明したプールが即戦力として機能すれば、トンプソン復帰後もローテーションが楽になる。
また、リビングストンが抜けたことで、カリーの控えがいないPGにラッセルを入れるという状況にも対応しやすくなる。シュート力、パスセンスを考えるとラッセルのベストポジションはPGであり、エバンスらがディフェンス面で不安があるラッセルをカバーできれば、チームの自由度は高まる。
カリー、ラッセル、トンプソンが注目されることが多いが、現状のメンバーでシーズンを戦うのであれば、エバンス、プールの成長はチームにとって大きな鍵となるだろう。

一方でフロントコートに目を向けると、ドレイモンド・グリーンが健在のPF以外はかなり穴が大きい。

デュラントとイグダーラが抜け、トンプソンも復帰まで時間を要するとなると、グレン・ロビンソン三世とアルフォンゾ・マッキニーしかいないSFは厳しい状況だ。3年目のマッキニーはマッキニーは3&Dとして期待できるが、先発を安心して任せられるレベルにはない。また、ロビンソンもセンスの高さを感じさせるプレーを随所で披露していたが、前任者と比べると大きくスケールダウンしたといえる。
特に、王朝を影から支えたイグダーラの安定感と守備力はウォリアーズの強みの1つだった。クリッパーズのカワイ・レナードとポール・ジョージ、レイカーズのレブロン・ジェームズとカイル・クーズマ、バックスのヤニス・アデトクンボと、ライバルチームにはSFでプレーできる選手のレベルが高い。このことを考えても大きな穴になるだろう。

Cにはサクラメント・キングスから機動力とリバウンドが期待できるウィリー・コーリー・スタインを獲得。昨年は平均11.9点、8.4リバウンドと、同水準の数字をウォリアーズでも残すことができれば、チームのXファクターになり得る。
また、バスケットIQが高く、泥臭いプレーも厭わないケボン・ルーニーは守備面や数字に残らない部分での活躍が期待できる。これまで、アンドリュー・ボーガットやザザ・パチューリア、アンドレ・イグダーラが担ってきた仕事をこなすことができれば、面白い存在になるだろう。

PFは、グリーンが健在であればある程度の計算はできる。
しかし、デュラントやイグダーラがPFに入る場面も多かったことを考えると、グリーンに掛かる負担は昨シーズンまでより大きなものになるだろう。既に満身創痍のグリーンが離脱した場合、2年目のオマリ・スペルマンと、ルーキーのエリック・パスカルという控えでは心許ない。現時点で計算できるのはグリーンのみだが、スペルマンがフィジカルなプレーが売りのストレッチ4として飛躍できるかがポイントになるだろう。

今オフに大きな変革を迎えたウォリアーズは、控えめに見てもこれまでの強さはないだろう。
カリー、ラッセル、トンプソン、グリーンが健在であればそれなりの成績を収めるだろうが、控えが大きくスケールダウンしており、ロスターの自由度は格段に下がっている。

昨年はオフェンスでリーグ2位、ディフェンスで16位に終わったが、どちらもキープレーヤーが移籍したことで今季は両方でレーティングを下げる可能性が高い。さらに、トンプソンの離脱も長期化しそうなため、かなり苦しいシーズンになることが予想される。
万が一、31歳と全盛期を過ぎつつあるカリーと、29歳のグリーンが欠場するようなことがあれば、プレーオフを逃す可能性もゼロではない。

ラッセルがチームにフィットし、控えの若手が成長することがウォリアーズの鍵になる。
優勝候補であるクリッパーズ、レイカーズ、ロケッツ、シクサーズなどと比べると、スケールの小ささは否めない。また。ロスターのポジション別バランスも褒められる状況にはない。
ウォリアーズの時代が終わるのか、それとも予想に反してチーム一団となって勝ち進むのか。今季はウォリアーズの今後を占う上で、重要なシーズンになることは間違いない。